重み。

今日からGW! 
という方も、きっと多いのですよね。
今日から2・3日は神戸は快晴の予想
この時期の青空って、さわやかで気持ち良くって最高



そんな青空とはうらはらに、
ここ数日、残念な、灰色の気持ちでいっぱいのことばかり。

それは、社会でも問題になっているものもあれば、
周りの人による問題もあって。


最近、本当にがっかりしてしまうことばかりなんですよね。


例えば、セクハラ問題。
これ、とってもデリケートであり、難しいと思うんです。
セクハラは絶対にダメ。
でも、そんな場所に一人で行かされる環境、
行かなければ「だから女は・・・」という雰囲気がなんとなく漂う風潮、
「行かないと、男性に負けてしまう」という切羽詰まった思い、
「男性に負けたくないから行くんだ」と奮い立たせる負けん気・・・

そして、「多少のセクハラは我慢しなきゃ」という妥協。
・・・「これで多少有利になるなら・・・」という考え。

どれが被害を受けた女性にあった感情なのかは、わかりません。

でも。
きっと、いろんなものがあって。
その「いろんなもの」は、一人一人、違うんです。
また、その時その時によって、気持ちがぐるぐる変化するんです。
「我慢できる」と思っても、時間がたつにつれて罪悪感が膨らんで、
自分が汚らしいものに思えたり。

だから、簡単にセクハラ問題だのハニートラップだのという、
世間が納得しやすい言葉でまとめるのは、やめてほしい。
もう少し、多角的に考えてほしい。


そう、私は思います。



決して報道してほしくない、ということではありません。

ただ。
テレビを見ていても、周りの人の話を聞いていても、
男性はわかっているふりをしているだけで、ちっともわかっていない。
道徳的・高尚に「ダメでしょ」っていいならが、
その裏に本当に女性を対等に見ているのか。
「当たり前」の言葉が多ければ多いほど、
つい、疑問に思ってしまいます。


この件に関しては、
私はテレビでは男性よりも、女性に多く語ってほしい。
どんな意見でも、男性はその言葉を静かに聞いてほしい。

そして、その言葉に込められた、さまざまな重みを感じてほしい。


そう、私は思います。



言葉は、人と人をつなぐ、大切なものであって、
誰かの心を傷つける道具じゃないので。

もう少し、重みを持ってほしい。


男性も、女性も。
大人も、子供も。




今日の神戸のように、さわやかな風と優しい光が、
すべての人の心に広がることを、
切に願います。





☆よければ下のランキングボタンのクリックをポチっとお願いします~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

配慮。

昨日、今日と、神戸は雨です。
雨・・・個人的にはとっても嫌で、憂鬱・・・


でも、もっと憂鬱というか、もっとイラッとしてしまうことが。


それは、「リュックカバンを持つ大人」。



小ぶりなリュックならいいのだけれど、
最近はでかいデイバッグが増えていて。

荷物が多いのだろうし、使い勝手が良いのだろうし、
両手があくから忙しい人には持って来いなのは、十分承知。


ただね。



満員電車や人が増えてきた電車・バス内で、
あのでかいバッグを背負ったまま、
ボーッと立ってるな!


お前が体を動かす度に、
そのカバンにガシガシ押されて痛いの!!


カバンを避けようとしたら、
逆に睨むって何!?



ってか、車内は、お前の領土じゃなーい!!



って、思いません・・・?


もちろん、トートバッグだって邪魔になる時がたくさんあります。
が、あれは混んできたら、スッと自分の前に引き寄せることができますよね。
実際に、そうしている人が少なからずいるかと。

でも、リュック派の人では、なかなかそういう光景が見られず。。。
もちろん、車内ですぐにリュックを前に抱え直す素晴らしい人もいるのだけれど。


あまりにも、マナーが悪いのではないかと思います。



人間、ついうっかり忘れてしまうことがありますが。

「混んできたら、カバンを引き寄せて、
 一人でも多くの人が快適に乗れるようにする」

音楽を聴いて、「自分の世界」に入る前に。

「自分と他人が共存する世界」に、
もう少し目を向けるべきなのではないかな、と。


今朝、ものすごく思いました。



ま、「スーツでリュック」も、許せないんだけど。。。


これは、また、別のお話。



☆よければ下のランキングボタンのクリックをポチっとお願いします~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お久しぶりでした。

皆さん、お久しぶりです。
半年の間、ブログから離れてました。


離れていたのには、理由がありません。
でも、やはり理由があります。


どちらにしても、気持ちがついてこなかったから。
書こうと思っても、書きたいかなって感じても。

体は健康でも、気持ちが向かないと、
なかなか…ですね。


よくいうように、やはり、「病は…」だと。



私自身、ブログを始めるにあたり、
一つルールを決めていました。

自身の気持ちが向かないときにムリはしない。
ブログを書くことで、自分を癒すような、
無理な頑張りはしない。


だから…
しばらく気持ちが向かなく、放置させていただきました。


今から、前みたく戻るかはわかりませんが、
今、自身から、言葉がポロポロこぼれでてきそうな気がします。


気持ちに嘘つかない程度に、
素直なままに…
だから、不定期になるかもですが、
またよければ遊びにいらしてください!


あ、もちろん、今までにウマウマたくさん食べましたよ(*^_^*)

近況。

・・・やってしまいました。
広告出現。

そして、前にも同じフレーズを口にしている私・・・

成長、なさすぎですよね・・・



「すっかり忘れていた」とか、「忙しかった」とかではなく。
「全く心が向かなかった」でもなく。

それ以前の問題で。



心が止まってしまったんですよね。



って、病気とかじゃありません。




あまりにも予測しなかった激しい衝撃が、突然与えられて。
心が凍りつき、止まってしまったんです。



だから、何も考えたくなくて。
でも、いろんな情報が耳から入ってきて。

そして、受けた衝撃に対しての、どす黒い感情が、
浮かんでは消え、浮かんでは消え。



考えることも嫌なら、話すことも嫌。
憎しみ以上に体に広がっていく、悲しみ。

そして、これまで周りにいた人たちに対する、不信。
信頼していた人に対する、不信。
すべてに対して、不信。




最悪でした。



自分の心のサイクルが解っていても、
どうしようもなく最悪で。
心から消えたいと思う日々でした。




もちろん、今も周囲に対しては不信感満載です。
が、この現状にも疲れ果ててしまい。



そして、やはり心のサイクルがやってきて、
「少し、前向きにならなければ!」
と、奮起し始めた今日です。

ハイ、本当に「今日」です



明るい言葉には人を幸せにする力があって、
黒い言葉には人を落ち込ませる力がある。
普段からそう思っています。
だから、
『遊びに来て下さる方に楽しんでもらえるブログを』
そう考えているのですが、こうやってたまに?ブラックな内容になってしまう事、
申し訳なく。。。




でも、こういう日がないと、心のアンテナが壊れてしまうと思うので。
『きっと、今必要な修行なんだ』と思ってます。


人として、大人として。
大切な『何か』を落としてしまわないように。見失わないように。




この苦しみがいつか救われて、
これ以上の大きな幸せがやってきてくれるといいな






☆よければ下のランキングボタンのクリックをポチっとお願いします~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「正しさ」とは。

この世、多くの人々が同じ社会を生きるにあたり、
ルールは必要ですよね。


さて。

ルールを守ることはあたりまえ=正しい、ですが、
はたしてその「正しさ」や「正義」って、どうやって決めるものなんでしょうか。



昨日、JRの普通電車を待っていました。
前には、70代後半の、足を少し悪くされているような歩き方の男性と、
その娘さんと思われる50代の女性。
電車が到着し、乗車。二人は、優先座席に座りました。
車内は結構座席が埋まっていたので、私は優先座席近くのドアのところに立ち、
窓の外を眺めていました。

電車が動き出してしばらくすると、
ピロピロピロピロ…
と、携帯の呼び出し音。
「誰だろう?」
と思いながら車内に目をやると、どうやらさっきの男性のよう。

「どうするんだろう。はやくこの音切ってほしいな」
、と思っていたら、その男性は、電話に出て話始めました。

最近の高齢の方、意外と多いんですよね、優先座席での会話。
『近頃の若者は、マナーがなっとらん!』と言ったのが、本当に大昔のよう。

そんなことを考えながら、
「きっと、早くに切るよね。切ってよね。」
と思い見ていたのですが…なかなか、なかなか切る気配がない。
大声で、笑い声を発しながら、しゃべるしゃべる。
一駅、二駅と過ぎても、まだ切らない。
ようやく女性が男性のほうに向いたと思ったら…携帯を預かってその女性もしゃべる始末。

すると、反対側の優先座席に座っていた40代の男性が、
「ここは電車の中や。優先座席や。電話を切れ!」と一喝。

「おっ、やるな、おっちゃん!」
と思いながら男性をみると…手には缶酎ハイ。


なんだか嫌な予感…


そう思ったら、予想通りの流れに。


女性:(電話を持ちながら)すみません。
    (電話に向かって)今電車の中やから、あとでかけるわ。
男性(以下ずっと大声):はよ切れっていってるやろ!マナーを守れよ! 
女性:(ややふてくされながら)すみませんでした。
男性:優先座席で話すってなんやねん! 
女性:(キレながら)すみませんっていってるでしょ!
男性:それのどこに悪いって思いがこもってんねん!
女性:「緊急の電話やったかもしれないじゃないですか! 
男性:車内で大声で長々と話しやがって、何が緊急じゃ!
(ここで70代男性が突然キレた感じで)
70男性:お前、何様じゃ!あぁっ! 
男性:お前らが常識ないんやろ! 
女性:酔っ払いがうるさいわ! 
男性:なんやと! 
70男性:なんやと!昼間から酒飲みやがって! 
女性:もう酔っぱらいの相手するのむかつくからあっち行こう!
    酔っ払いのくせに、うるさいねん。 
男性:酔っ払いでも、お前らが常識ないから言うただけやろ! 
女性:ホンマむかつくわ、あの酔っ払い。
(二人は別の車両へ)
(男性は、その後ぶつぶつ、ぶつぶつ小声で文句を言う)



…さて。


皆さんは、この出来事に対して、どう思いますか。



これは、私個人の意見ですが、
正直な感想、「がっかり」です。

そもそも、車内での通話はダメでしょう。
いくら緊急でも、最低限「ごめん、電車やからすぐかけるわ。」といって即切り。
そして、次の駅で降りるべきだと。
なのに、もっとも電波に注意すべき優先座席で、それも長々と大声で話すのは、非常識。
この70代男性は体が不自由なのかもしれません。だから、すぐに立てなかったのかも。
でも、高齢者・優先座席を使用している人が、マナーを守らなければ、
同じ境遇の方全員が、同様に見られるのに。
さらに、同乗した身内からの注意もなく。
「大人」なのに。
「常識を」「マナーを」という言葉をよく振りかざす大人なのに。


でも、お酒を飲んでいた男性にも、がっかり。
それは、せっかく正しいことを言ったのに、手にお酒をもっていたこと。
って、お酒が悪いんじゃないですよ。
「手に持っていた」ってことが、ポイントなんです。

人間の第一印象って、何で決まるか知っていますか。
メラビアンの法則っていうのがあり、初対面の人に対する印象って、
①見た目やしぐさなどの視覚情報が55%
②声の大きさや質などの聴覚情報が38%
③言葉の内容などの言語情報が7%
って言われてます。

この男性は正しいことを言ったのに、
「手にお酒を持っている」という①と、声が大きいという②、
そして、ものの言い方が悪いという③、
つまりすべてがこの法則にマイナスにはまってしまったために、第一印象も悪く、
注意が文句に取られてしまった。
「注意する時にはお酒を隠そう!」っていう訳ではないけれど…
…なんとも、やりきれない、ガッカリ感満載。



自分がしていることにはなかなか気づかない。
そして、人のしていることには目が厳しくいく。

「大人」のマナーの悪さ。

「自分」にだけ都合のいいマナーを勝手に作る。

など、いろんなことが浮かんでは消えていくんですが。


とにかく。
残念な大人に。
ただただ。
がっかり。でした。




さてさて。


この国のマナーは、正しさは、いや、「大人」自体が、
一体、どこへ行くんでしょうか。





☆よければ下のランキングボタンのクリックをポチっとお願いします~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

じゅーあんぱん

Author:じゅーあんぱん
旅行とお酒とおいしいものが大好き。そして、ずっと住んでいる神戸も♪
火の国熊本の血も流れた、お祭り・楽しいこと大好きっ子です!
旅行や食べ物、また日々のことをちょっとずつでもつづっていきます☆
楽しんでいただけたら、嬉しいです(*^_^*)
リンクやブロともさんもうれしいですが…すみません。相互訪問や一定期間の更新がない場合は、一度解消させていただきますm(_ _)m

最新記事
カレンダー
カテゴリー
最新コメント
訪問してくれた人々
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3495位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
825位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる